顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » 【業界別】デジタルカタログの事例 » 印刷業界のDX事例

印刷業界のDX事例

印刷業界の現状とDXの傾向

印刷業界が置かれている状況として、印刷ビジネスは「安さ」の競争の時代に突入しています。安さを追求するほど、売上はシュリンクする一方。したがって、安くなる分だけ多くの受注が必要になります。そのためには生産性や効率の向上が至上命題となります。

これを受けて、印刷業界はより効率的な印刷、「スマートファクトリー」とも呼べるような印刷工程の効率化、自動化へと向かっている傾向があります。

印刷業界のDX施策

このサイトをご覧になっている方も、印刷データのオンライン有効やAIチェックなどを経験されているかもしれません。印刷工程の効率化がこの業界のDX施策のひとつの傾向と言えます。

もうひとつは、いわゆる「サービス業化」とも言える傾向。デジタル情報と、印刷業界がもつ紙やフィルムといったフィジカルを活用した「体験」を目指すDX施策もまた注目されているのです

印刷業界のデジタルカタログ作成導入事例

パンフレットの在庫切れ問題が解消された

紙媒体での会社案内だったのですが、パンフレットを持って直ぐに営業を行いたい時に在庫がないと対応が遅くなってしまう課題がありました。

meclibを導入してからは、紙媒体の在庫問題を解消する目的以外に、紙面だけでは扱いきれない情報を盛り込むことができました。スライドによって、何枚もの写真を掲載可能になったり、動画コンテンツによって、より伝わりやすくなったと感じます。

書籍そのままの
デジタルブック形式に対応

提供している書籍コンテンツは、全てmeclibで作成しています。当社サービス以外にも、ネット上には様々な技術に関する情報は溢れていますが、中には信憑性が乏しい情報も多々あります。 見た目も書籍そのままのデジタルブック形式で提供することにメリットがあると感じています

低コスト・少ない労力で
電子書籍化できる

用意するものはPDFだけでよく、費用も少なく抑えることができます。パソコン作業や書籍製作の経験の浅いアルバイトの方にも任せられるほどです。にもかかわらず、手書き付箋の追加やピンポイントURL共有、ブック内の文字を選択して調べられる辞書機能など、サンプルとしては十分すぎるほどの多機能性が備わっていました。

カスタムコネクション
編集チームまとめ

印刷業界はデジタルデータと相反するものと思われがちですが、印刷されたフィジカルとDXの間に親和性を見つけ、活用している会社は増えているようです

印刷商品の提案や営業の場面でも、デジタルカタログなどが活躍するケースが今後増えていくことでしょう。デジタル技術を使い、フィジカルな印刷物をアピールする施策はいっそう注目されていきそうです。

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。