顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログの制作代行会社一覧 » クラウドサーカス株式会社

クラウドサーカス株式会社

デジタルカタログ自体は知っているものの、実際にどこを使ったら良いのかわからないという事は多いのではないでしょうか。クラウドサーカス株式会社のデジタルカタログなら、サポートが充実していて無料プランもあります。ここでは、クラウドサーカス株式会社のデジタルカタログについて解説します。

クラウドサーカス株式会社の
デジタルカタログ制作の特徴

導入が簡単でカスタマイズが自由自在

クラウドサーカス株式会社のデジタルカタログは、資料や動画を誰でも簡単に作成できます。また、フリープランであれば無料で使うことができます。

試してみたいけれどよくわからない場合や、ちょっと試してみたいといった方に大変有効なプランです。

他にもプランが沢山ありますので、フリープランを導入した後に、必要な機能を必要なだけ追加することも可能です。

充実のサポート体制

クラウドサーカス株式会社のデジタルカタログは、サポート体制も大変充実しています。

例えば、有料プランを利用中のユーザには、メールやチャットで丁寧なオンラインサポートを実施していたり、新規機能のお知らせやノウハウ情報などをお届けするユーザ会があったり、サポートにも力を入れています。

その他、製品ごとのマニュアルもあり、初心者でも安心してデジタルカタログを取り入れる事ができます。

クラウドサーカス株式会社の
デジタルカタログの機能

  • 簡単作成機能
  • ブックカスタマイズ機能
  • ログ閲覧機能
  • 電子ブックサイト構築機能

カスタムコネクション
編集チームまとめ

クラウドサーカス株式会社のデジタルカタログは、シンプルで使いやすく3ステップで導入できます。また、無料のフリープランもありますので、徐々にカスタマイズしていくのも良いでしょう。

また、有料プランではサポート体制も整っているので、フリープランを導入した後に、ほしい機能を追加することも可能です。その他、営業支援やオンラインサポート、ノウハウ情報を共有するユーザ会などもあります。

クラウドサーカス株式会社の
デジタルカタログ制作費用

詳しい記載はありませんでした。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

クラウドサーカス株式会社の
デジタルカタログ導入事例

デジタルカタログを導入し、売り上げがアップしました。

東亜印刷株式会社では、コロナ禍で印刷物の発注が減り、伸び悩んでいました。業界的にも急速にデジタル化が進んで行く中、模索の状態にあったと言います。その様な状況下、クラウドサーカス株式会社のデジタルカタログを導入し、今までの売り上げが5倍にアップ。その秘訣は、営業支援やマーケティングまで行ってくれる事でした。

今まで新規開拓の電話営業のほとんどは、繋いでもらうことができずにいました。ですが、デジタルカタログを使うことで、スムーズに商談を進める事が可能になり、印刷業界特有の営業不足を解消できたといいます。

また、今まで縦割りであった、営業部と制作部のコミュニケーションがスムーズになり、企業内の活性化にも繋がったと言われています。

参照元:クラウドサーカス株式会社(https://cloudcircus.jp/media/cases/toa-print)

クラウドサーカス株式会社の基本情報

会社名 クラウドサーカス株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス21F
営業時間/定休日 要問合せ
電話番号 要問合せ
公式HP URL https://cloudcircus.jp/
ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。