顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログの制作代行会社一覧 » トリックスター

トリックスター

トリックスターのデジタルカタログ製作代行サービスについて、料金プランや機能、特徴をまとめてご紹介しています。

トリックスターの
デジタルカタログ制作の特徴

シンプルプラン・カスタマイズプラン
から選べる

トリックスターのデジタルカタログは、「シンプルプラン」と「カスタマイズプラン」の2種類から選ぶことができます。特別な機能は不要で、カタログとして機能していればいい方はシンプルプランを、デジタルならではの機能をつけたりするならカスタマイズプランを選びましょう。

オプションひとつずつに値段がついており、明朗でわかりやすい料金体系も嬉しいところです。

2~3営業日で納品!スピーディな対応

商談や展示会の日程が迫っており、急いでデジタルカタログをつくらなければならない…なんて場面でも、トリックスターなら発注から2~3営業日で納品というスピード対応が可能です。オーダーとデータの入稿そのものも簡単なので、カタログを急いで作りたい方にはトリックスターへの問い合わせをお勧めします。

トリックスターの
デジタルカタログの機能

  • ロゴ
  • 目次
  • リンク
  • 画像埋め込み
  • YouTube埋め込み
  • Google Map埋め込み
  • 設置
  • ペン書き込み
  • 拡大・縮小
  • 全文検索
  • ウィンドウリサイズ
  • ページ一覧

カスタムコネクション
編集チームまとめ

シンプルな料金体系で、導入まで迷わずにたどり着けるのがトリックスターの強み。HTML5を使って表示するもので、パソコンやスマートフォンなど端末を選ばずに表示することができます。

しかしこういったデジタルカタログは、作成ツールを使って自社内でも作ることができます。デジタルカタログツールの情報や、うまくいかなかった場合のサポートについてこのサイト内でもご紹介しています。ぜひそちらもチェックしてみてください。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

トリックスターの
デジタルカタログ制作費用

シンプルプラン

  • 1~100P:5,500円~(税込)

カスタイマイズプラン

  • 基本料金(~10P):5,500円(税込)
  • オプション:1,650~2,200円(税込)
  • 設置代行:11,000円~ (税込)

トリックスターの
デジタルカタログ導入事例

公式HPに情報が見当たりませんでした。

トリックスターの基本情報

会社名 株式会社トリックスター
所在地 大阪府大阪市中央区博労町1-9−8 堺筋MS第2ビル 4F
営業時間/定休日 10:00~18:00/土日祝日
電話番号 公式HPに情報が見当たりませんでした。
公式HP URL https://web-trickster.com/
ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。