顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログなんでもQ&A » デジタルカタログの
メリットデメリット

デジタルカタログの
メリットデメリット

今、色々な業界で注目されているデジタルカタログですが、紙のカタログと比べてどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、デジタルカタログのメリット・デメリットを解説します

デジタルカタログのメリット

時間や場所に関わらず多くの人に
見てもらえる

ホームページ上に掲載されたデジタルカタログは、時間や場所に関わらず、ユーザーが好きなときに閲覧できるのがメリット。国内はもちろん、世界中の人に見てもらうこともできます。

コストカットが期待できる

紙のカタログでは印刷代・製本代・郵送代などが必要となりますが、デジタルカタログにはそれが一切必要ありません。在庫を抱える心配もなく、大幅なコストカットが期待できます。

営業の販促ツールとしても活用できる

デジタルカタログであれば複数の紙カタログをいくつも持ち歩くことなく、スマートフォン・タブレット等で簡単にアクセスが可能。必要な場面で、すぐに情報を取り出せます。

ユーザー分析のためのデータを
集められる

デジタルカタログの場合、アクセス解析などのタグを仕込んでおけばユーザーがどのページを見ているか、どこに注目しているかを分析可能。そのデータを経営や販売戦略に反映することができます。

デジタルカタログのデメリット

導入コストがかかる

デジタルカタログを作成するには、専用のソフトやツールが必要です。導入時に一定の費用が必要となることもありますが、印刷費・管理費・郵送費などのコストを削減できるため、早々に導入コストを回収できるケースも多く見られます。

ターゲット層によっては
不利になることも

デジタルカタログを閲覧するには、パソコン・スマートフォン・タブレットといったデジタル環境が必要です。そのため、デジタル環境に詳しくない層がターゲットの場合、デジタルカタログは不利になる可能性があります。

カスタムコネクション
編集チームまとめ

デジタルカタログにはさまざまなメリットがありますが、もちろんデメリットも存在します。こういった情報を踏まえたうえで、紙とデジタルどちらが良いのかを検討していきましょう。もしデジタルカタログに興味をお持ちでしたら、当サイトでご紹介しているツールが役立つかもしれません。ぜひ、参考にしてください。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。