顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログ作成ツール一覧 » ActiBook

ActiBook

電子ブックを簡単に制作できるパッケージソフト「ActiBook」。パッケージソフトであるため、ページ数や冊数に制限が設けられていないのが特徴です。そんなActiBookの強みや事例をまとめました。

ActiBookの特徴

1度の操作で電子ブックデータを制作可能

ActiBook(アクティブック)は、マルチデバイス対応のebook・電子ブック制作ソフト。冊子印刷物の体裁はそのままに、1度の操作でパソコン・スマートフォン・タブレット端末に対応した電子ブックデータを作成できるのが特徴です。閲覧も、実際のカタログや雑誌のように見ることができます。

制作ページ数・冊数が無制限

パッケージソフトであるActiBookは、制作するページや冊数に制限がありません。制作した分だけ料金が発生する従量課金制でもないため、大量データのデジタル化などにも向いています。さらに、制作した電子ブックは2次利用もOK。クライアントやユーザーへの提供も自由に行うことができます。

制作・閲覧どちらも満足の利便性

ActiBookは、制作者側も閲覧者側も操作が簡単であることが特徴です。制作サイドでは、ボタンを押すだけでパソコン・スマートフォン・HTML5対応の電子ブックを同時に作ることが可能。また、専用プラグインなしで閲覧できるため、閲覧者がわざわざアプリなどをインストールする必要もありません。

ActiBookの機能

  • PDF読込
  • 拡大設定
  • ペンツール設定
  • 画像切り抜き設定
  • URLリンク設定
  • ページ内リンク設定
  • 紙面上リンク、リストリンク生成
  • 紙面上リンク、カラー設定
  • 各種リンクマルチデバイス引継ぎ
  • 目次階層設定
  • mp4動画埋込み設定
  • 電子ブックデータ出力
  • 目次設定
  • PDF上のURLリンク引継ぎ機能
  • PDF印刷設定
  • ボタンバーカスタマイズ
  • ページめくり方法設定
  • マルチデバイス同時生成機能
  • 付箋ペン共有機能(PC版)
  • ペン機能
  • リンクデータCSV読込・出力
  • 電子ブック配信管理システム
  • AcBM2自動アップロード機能
  • AcBM2自動連携機能
  • 電子ブック間横断検索
  • 会員限定公開機能
  • マルチデバイス共有機能
  • 電子ブックデータ出力
  • HTMLへのID/パスワード設定
  • 見開き設定
  • 表紙裏表紙設定
  • インフォメーションリンク設定
  • 陰影設定機能
  • ヒートマップログ解析

カスタムコネクション
編集チームまとめ

ページ数・冊数無制限で作り放題なのが、ActiBookの大きな特徴。たくさんのデータをデジタル化したいという企業に向いています。この他にも、当サイトでは大容量に対応できるツールをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

ActiBookのクラウド型の
費用と容量

  • 初期費用:1,000,000円~(税不明)

ActiBookの導入事例

雑誌の最新号&バックナンバーを
デジタル化

1950年創業の商業印刷会社、富士精版印刷。インターネットの普及に伴う市場の変化の中で、自社のハード面の強みが「弱み・機会喪失」に転じるケースが増えてきたため、デジタル化に踏み切りました。ActiBookでは、メニューやタブの設定などをユーザーごとにカスタマイズして利用。ユーザーからは、切り抜き機能が好評であるとのことです

電子ブックを営業支援ツールとしても
活用

カタログギフトで有名なリンベルの事例です。取り扱うカタログ数は300を超えており、利用者からの「ウェブですべての商品が見たい」という要望もあり、ActiBookで電子ブック化。手元にカタログがない利用者からの問い合わせがあった際に、ネット環境があれば電子ブックで案内ができるため、やり取りもスムーズになりました

ActiBookの会社の特徴

ActiBookを開発・提供しているクラウドサーカスは、東証一部上場企業であるスターティアホールディングスのグループ会社。「Cloud CIRCUS」というブランドで8種類のプロダクトを展開しており、情報発信・集客・顧客体験価値の向上・リピート増加といったニーズに対応しています。

ActiBookの基本情報

会社名 クラウドサーカス株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19階
営業時間/定休日 9:00~12:00、13:00~16:00/土曜・日曜
電話番号 0120-919-901
公式HP URL https://ebook.digitalink.ne.jp/
ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。