顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログ作成ツール一覧 » Writebooks(ライトブックス)

Writebooks(ライトブックス)

Writebooksは、電子書籍を作成する際に使えるさまざまな機能が詰まったオーサリングツール(メディアコンテンツ制作のためのアプリケーションソフトウェア)です。

ここでは、Writebooksの特徴や機能、費用などについて解説します。

Writebooks(ライトブックス)の特徴

簡単な操作でデジタルカタログが作成できる

Writebooksは、難しい操作をすることなく、手軽にデジタルカタログ作成ができるツールです。作ったカタログはインターネット上でリアルタイムに確認ができるため、調整しながら質の良いデジタルカタログ作成に挑戦してみてはいかがでしょうか。

iPad・iPhoneでの閲覧にも対応

Writebooksで作ったデジタルカタログは、アップルストアに登録するだけでiPad・iPhoneで閲覧できるようになります。

近年はパソコンだけではなく、iPadやiPhoneといった端末を使って情報を収集する方が増えました。パソコンでしか閲覧できないデジタルカタログだと不便に感じられてしまう可能性がありますが、そういった心配もありません。

電子書籍作成代行サービスも依頼できる

Writebooksは作成代行サービスにも対応しています。どうしてもパソコン操作に自信がない方などは、代行についても相談してみてはいかがでしょうか。

Writebooks(ライトブックス)の機能

  • 電子ブック・カタログ設定
  • ロゴリンク URL設定
  • 使用言語選択
  • 適用ディバイス選択
  • スキン選択
  • 拡大サイズ設定
  • 目次設定
  • キーワード設定
  • BGM挿入
  • 動画挿入
  • リンク機能
  • バックナンバー機能
  • 電子ブック管理画面
  • カテゴリー登録・管理

ほか、閲覧機能、デザイン機能、マルチメディア機能、セキュリティ機能、マーケティング機能が多数搭載されています。

カスタムコネクション
編集チームまとめ

Writebooksは専門的な知識がなくても高品質なデジタルカタログが作成できるツールです。すべてお任せしたいということであれば、作成代行サービスにも対応しています。

PDFファイルのほか、スキャンした画像を管理画面からアップするだけでデジタルカタログが作成できるのが魅力です。

当サイトでは、Writebooks以外の優れたツールも紹介しています。デジタルカタログの制作ツールをお探しの方は、以下の記事も参考にしてください。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

Writebooks(ライトブックス)の費用と容量

トライアルプラン

  • 初期設定費用:11,000円(税込)
  • 月額費用:3,300円(税込)
  • 制作依頼:550円(税込)/1ページ
  • スキャン代行:330円(税込)

スタンダードプラン

  • 初期設定費用:11,000円(税込)
  • 月額費用:5,500円(税込)
  • 制作依頼:550円(税込)/1ページ
  • スキャン代行:330円(税込)

プレミアムプラン

  • 初期設定費用:11,000円(税込)
  • 月額費用:11,000円(税込)
  • 制作依頼:550円(税込)/1ページ
  • スキャン代行:330円(税込)

申込時に初期費用と1年分のシステム使用料を一括で支払います。

デジタルカタログの費用目安や支払い形態をチェック

Writebooks(ライトブックス)の導入事例

詳しい情報は見当たりませんでしたが、Lime Creative、GlobalWeb、Onkyoといった企業が利用しているようです。

Writebooks(ライトブックス)の会社の特徴

Writebooksを提供している株式会社 創源ソフトウエアは、東京都に本社を構えている会社です。コンサルテーション・調査分析のほか、各種システムの受託開発、パソコンパッケージソフトの製造販売、パソコンを利用した各種業務代行などを行っています。

Writebooks(ライトブックス)の基本情報

会社名 株式会社 創源ソフトウエア
所在地 東京都豊島区南池袋2-12-5 第三中野ビル
営業時間/定休日 公式HPに情報が見当たりませんでした。
電話番号 03-3986-6040
公式HP URL https://www.sogen.co.jp/
ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。