顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » 【業界別】デジタルカタログの事例

【業界別】デジタルカタログの事例

アパレル業界のDX事例

アパレル業界は、「デジタルとは親和性がない」という思い込みや習慣ゆえにDX化が遅れている業界のひとつです。しかしデジタル上での展示会やファッションショー、RFIDタグによる商品管理などが導入されはじめたり、デジタルカタログを使った商談も行われるようになりました。

アパレル業界のDX事例をみる

商社業界のDX事例

DX化、デジタルの導入によって、商社の本来の役割の存在感が薄まりつつあります。商社を間に挟まない取引が今後も増えることが予想される中、商社にしかできないこと、価値をつくりだしていくことが課題となります。スタートアップの支援、データの活用、取引先のマッチングにおけるデジタルカタログの活用などの事例をご紹介していきます。

商社業界のDX事例をみる

印刷業界のDX事例

印刷業界の現状として、安さで競争する傾向にあります。しかし安くなった分だけ受注量を増やさなければならず、そのためには生産性の向上、印刷工程の効率化などが欠かせません。この課題とDX化は相性がよく、既にオンラインでの印刷データのチェックなどが行われるようになりました。

また紙とデジタルの間をいくサービスや商品の開発も行われており、デジタルカタログもそのひとつと言えるでしょう。

印刷業界のDX事例をみる

メーカー業界のDX事例

これまで人材の優秀さで競争力を得てきた日本のメーカーも、自動化やデジタル技術の活用の波に飲まれて今までの戦い方では通用しなくなりました。データの活用や顧客管理、デジタルカタログを使った顧客への提案の見せ方など、この業界のDX化について調べてみました。

メーカー業界のDX事例をみる

教育業界のDX事例

オンライン授業やGIGAスクール構想など、教育業界は既にDX化が急速に進み始めています。教科書や資料もデジタル化していく傾向があり、書き込みや検索ができる電子ブックは今後もニーズが増していくことでしょう。また通信講座のパンフレットやテキストなど、デジタルカタログと同じ技術を使ったサービスも多く使われています。

教育業界のDX事例をみる

不動産業界のDX事例

もともとアナログな商習慣が多い不動産業界。なかなかDX化が進まない状況でしたが、長時間労働や非効率的な作業の改善のために徐々にデジタル技術が活用され始めています。デジタルカタログが不動産業界に直接影響を与えることは多くはありませんが、パンフレットや物件の資料などに活用されることもありそうです。

不動産業界のDX事例をみる

建設・建築業界のDX事例

人手不足や技能の継承などが課題の建築・建設業界。建設・建築業界では人手不足が深刻になっており、せっかく入った人材も定着しない状態が続いていました。また、技能の継承の点でもなかなか難しい状態が続いており、それも課題となっていました。DXをすることで、依頼者と建築予定の物件のイメージを共有したり、初期設計で構造の確認を行ったりできます。また、現場と本社でのやり取りもスムーズにできるため、効率も上げられます。

建設・建築業界のDX事例をみる

食品業界のDX事例

時代の流れに左右されがちな食品業界。食品業界は人手不足や時代ごとのニーズの変化などがあり、業務の効率化が必要でした。DXを導入することで人的ミスや管理部門と本社のコミュニケーションを円滑にするといったことが可能です。効率を上げてより品質の良い商品をお客さんに提供することができます。

食品業界のDX事例をみる

子育て業界のDX事例

重労働という課題を抱えた子育て業界。子育て業界では、全国的に子供を預かる一律サービスを必要とされてきました。DXを導入することで、業務の効率化だけでなく、保護者が保育園で預かり中の子供さんの様子を保育士の取った写真で見ることができたり、お昼寝中の子供の様子を機器で確認することも可能です。

子育て業界のDX事例をみる

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。