顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » 【種類別】デジタルカタログの事例 » チラシ

チラシ

電子チラシとは、パソコンやスマートフォンといったデジタル媒体で閲覧できるチラシを指します。ここでは、チラシをデジタル化する必要性やメリット、さまざまな業界の導入事例をまとめてみました。

チラシをデジタル化する
必要性とは?

商品やサービスの情報を、より多くの人に知ってもらうためのチラシ。紙のチラシだと印刷をしたり配布をするといった手間がかかりますが、デジタルであれば新しい情報をすぐに配信可能。配布エリアに関係なく、幅広く情報を知ってもらえるというメリットがあります

チラシをデジタル化した事例

建設・建築業界

通信インフラ網・電気設備の構築といったジャンルで、デジタルサイネージなどのサービスを提供しているミライト。デジタルサイネージではチラシ等のコンテンツをメインに提供していますが、見るだけで終わってしまうのが悩みでした。

しかし、meclibの導入後はページをめくるといったデジタルブック形式の見せ方ができるようになり、エンドユーザーの利便性もアップしたと好評です

卸売・小売業界

ロイヤルホームセンター株式会社では、リアル店舗で配布しているチラシをEC上でも実現させたい、チラシに掲載されている商品画像からECサイトの商品ページへリンクさせたいと考えていました。チラシの表示速度やランニングコストなどを考慮してmeclibを導入したところ、社内からも今後いろいろと期待できるとの声が

今後は計測用のパラメーターを設置して、効果測定も行っていきたいと考えています。

印刷業界

福博印刷では、コンペの際にデジタルブックを使用したいと考えており、定額制で作り放題のActiBookを導入。その後、デジタルブックだけでなく電子チラシも作れることが強みとなり、大手流通企業のWEBサイトと電子チラシの受注につながりました。

その売り上げは年間360万円にのぼり、顧客からも「紙媒体とデジタルでよい相乗効果が期待できる」と好評を得ています

カスタムコネクション
編集チームまとめ

印刷代などのコストを削減できるだけでなく、商品の売上や新事業の受注などにもつながっているデジタルチラシの導入。「今すぐにチラシをデジタル化したい!」という方は、当サイトでご紹介しているデジタルカタログ作成ツールをぜひチェックしてみてください。

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。