顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » 【種類別】デジタルカタログの事例

【種類別】デジタルカタログの
事例

カタログ

大量のページでも荷物や在庫になることがなく、いつでもどこでも簡単に閲覧できるデジタルカタログ。そんなデジタルカタログのメリットと、実際の導入事例についてまとめてみました。どんな業界で使われているか、チェックしてみてください。

カタログをデジタル化した
事例をみる

パンフレット

商品やサービス、企業情報などを紹介するためのパンフレットですが、デジタル化することによってどのような恩恵を得られるのでしょうか。教育業界・食品業界・観光業界の導入事例とともに、ぜひご覧ください。

パンフレットをデジタル化した
事例をみる

チラシ

折込チラシの需要が減少傾向にある今、幅広い層に見てもらえるチャンスが増えるということで、注目されているのがデジタルチラシです。どのような業界・シーンで活用されているのか、導入事例を参考にしてみてください。

チラシをデジタル化した
事例をみる

メニュー

主にレストランやカフェといった飲食業界で用いられているメニュー。実は、メニューをデジタル化することには非常にたくさんのメリットがあるのです!どのようなメリット、導入事例があるのか目を通してみてください。

メニューをデジタル化した
事例をみる

雑誌

グルメ・ファッション・子育て・ホビーなど、さまざまなジャンルを手軽に読めることで人気のデジタル雑誌。閲覧する側はもちろんですが、販売する側にも多くのメリットがあります。各業界の導入事例をチェックしてみましょう。

雑誌をデジタル化した
事例をみる

広報誌

公共性の高い広報誌は、幅広くたくさんの人に見てもらうことが重要ですが、そのニーズに合致しているのがデジタル広報誌です。すでにさまざまな業界がデジタル広報誌を活用していますので、その事例を見てみましょう。

広報誌をデジタル化した
事例をみる

書籍

スマートフォンやタブレットなどから手軽に購入・閲覧できる電子書籍は、市場規模も拡大傾向にある注目のジャンルです。ここでは書籍をデジタル化する必要性や、具体的な導入事例とその効果についてご紹介していきます。

書籍をデジタル化した
事例をみる

マニュアル

製品・サービスを使用する人や、事業に従事する人にとって欠かせないマニュアル。このマニュアルをデジタル化することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。小売業界・製造業界などでの導入事例をまとめてみました。

マニュアルをデジタル化した
事例をみる

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。