顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » 【種類別】デジタルカタログの事例 » パンフレット

パンフレット

仮とじ状態の冊子をパンフレットと呼びますが、これを作成するには意外に時間とコストがかかるものです。そんなパンフレットをデジタル化するメリットと、導入事例についてご紹介します。

パンフレットをデジタル化する
必要性とは?

チラシよりもページ数が多くコストがかかりやすいパンフレットですが、デジタル化すれば印刷の必要はなし。在庫を抱えるリスクや、顧客へ郵送する費用なども削減することができます。また、デジタルだと情報の変更がしやすいため、常に鮮度の高い情報を提供できるのもメリットです。

パンフレットをデジタル化した
事例

教育サービス業界

留学エージェント「留学ドットコム」を運営しているトリプルファーストでは、パンフレットなどの冊子をPDFデータでWEB公開していましたが、容量が重いせいでスマートフォンなどで閲覧しづらい…という課題を抱えていました。

しかし、FLIPPERでデジタル化してからは閲覧の操作性がグンとアップ。専用アプリのインストールなども必要なく、ユーザーからも使いやすいと好評です

食品業界

7つの洋菓子ブランドを展開している株式会社エーデルワイスでは、季節ごとやイベントに合わせてパンフレットを制作していますが、それにかかるコストで悩んでいました。しかし、meclibですべてのカタログをデジタル化したことにより、コストの大幅カットに成功。

さらに、来店者がスマートフォンを使って商品データを閲覧できるようにもなりました

観光業界

北海道観光振興機構では2008年頃から観光パンフレットをデジタル化していましたが、制作にかなり手間がかかっていました。この手間を軽減するため、電子カタログ作成サービスebook5を導入。制作にかかる工数を短縮できたほか、印刷や郵送費用の削減にもつながりました。

また、デジタルパンフレットは海外のユーザーに北海道観光をPRするのにも有効なツールとなっています

カスタムコネクション
編集チームまとめ

さまざま事例を見ると、パンフレットのデジタル化はコスト削減・作業効率の向上・顧客満足度につながっていると考えられます。パンフレットをデジタル化して業務に役立てたいと考えている方は、ぜひ当サイトで紹介しているツールをチェックしてみてください。

自社に合うツールがすぐわかる
デジタルカタログ
作成ツール3選

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。