顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » 【業界別】デジタルカタログの事例 » メーカーのDX事例

メーカーのDX事例

メーカー業界の現状とDXの傾向

これまで、日本の製造業は優秀な人材が現場にいたことから世界的に高い競争力を持ち得ました。しかしDXの時代においては、人材力がもはや通用しないことは明らか。デジタルを活用し、効率化と高付加価値化を進めなければならない状況となりました。一方で、製造業はDXによる効率化の余地が多く残されており、生産性を高めるチャンスでもあります

メーカー業界のDX施策

メーカー業界におけるDXでは、デジタル技術を使うだけでなくデータの活用が必要不可欠です。たとえば設計の段階では得意分野を見るだけではなく、分野横断的なデータ、あるいは顧客データなどを踏まえた研究が求められます。

また生産工程では、設備や工程の状況に関するデータを活用し、トラブルの防止と生産ロスの抑制を目指すことなどが求められます。そして顧客への営業や販売の場面では、データを提示することによる提案、あるいは顧客がアクセスしやすいデータの整備などが重要性を増しています。

メーカー業界のデジタルカタログ作成導入事例

お客様との情報の共有がスマート

現状では紙のカタログを使用している人もまだまだ多く、Webカタログと両方を活用していますが、Webカタログが便利なのは、同じページのURLを複数人で共有できる点です

お客様に送るメール本文にデジタルブックのURLを掲載して「このページです」と伝えれば、間違いなく同じページを確認できます。お客様と電話でのやり取り中にも、スマートにページへ誘導できます。

アプリ不要・スピーディに
閲覧できる強み

さまざまなケーブル保護剤とプラスチック製の工事材料を提供しているマサル工業では、モバイル環境でも電子カタログを閲覧できるシステムを導入。

工事業者が現場にいながらモバイル端末を使って電子カタログを閲覧・検索できるようになり、大きく役立っているそうです。現場ではスピードが命なので、アプリ不要で見られることも大きな強みとなっています

カスタムコネクション
編集チームまとめ

メーカーでは、生産効率の向上やデータを活用した営業活動など色々な場面でのDX化の可能性が残されています。メーカーの製品の営業活動においては、デジタルカタログのように、どこにいてもアクセスができ、検索性の高いシステムが求められます。DX化の中でも、まずは手軽に始められるデジタルカタログに着手してみてはいかがでしょうか。

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。