顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » 【業界別】デジタルカタログの事例 » アパレル業界のDX事例

アパレル業界のDX事例

アパレル業界の現状とDXの傾向

アパレル業界では、他業界に比べるとDX化の波に乗り遅れていると言ってもよいでしょう。というのも、アパレルには「ECサイトでは試着ができない」という根本的な問題が横たわっているのです。

加えて、アパレルとDXは相性が悪いという先入観もあり、なかなかDX化が進まないのが現状です。しかし、その中でも意欲的な企業は現れ始めています。その施策の一部を以下にご紹介しましょう。

アパレル業界のDX施策

アパレルでは、展示会やファッションショーをデジタル上で行ったり、RFIDタグを使った在庫管理など、DXの活用が始まっています。特に注目したいのは、商品はWEBサイトやアプリで見て、実店舗で試着や採寸サービスを行うというもの。ここでは、商品をデジタルで紹介するためのデジタルカタログの事例をご紹介します。

アパレル業界の
デジタルカタログ作成導入事例

デジタルカタログで発注までの
タイムラグを解消

紙のカタログにQRコードを記載して、デジタルカタログに簡単にアクセスできるようにしています

展示会などにも出店するのですが、バイヤーの方は会場で気になる商品をチェックして後日発注する、といった流れなので、発注までタイムラグが発生しています。そのラグを解消しようと、デジタルカタログをご覧いただき、その場で発注できるフローを構築しました。

紙のカタログで訴求できなかった
ユーザーにリーチできる

紙のカタログよりも1週間ほど早く新しい情報をユーザーにお届けできるようになり、リピーター様の購入時の在庫切れが軽減されました。着実に閲覧数が増加しています。

また紙のカタログではできなかったスマホやタブレット、SNSユーザーに情報を配信できるようになったことが大きなメリットだと感じています。デジタルカタログは今後ユーザーにとって、より身近な存在になると思います。

カタログの製作数の制限がなくなった

iPadなどのデバイスの普及が進み、いくつかのデジタルブックソフトを試してきました。今使っているものはカタログ内の商品検索はあっという間で、瞬時に結果が出力されます。

また、年間定額制のプランにしたことで、カタログの製作数に制限がなくなりました。以前は断念していた小冊子などもデジタルブック化することができ、コスト面でも大変助かっています。

カスタムコネクション
編集チームまとめ

これまでDX化があまり進んでいなかったアパレル業界でも、スマートデバイスの普及によって徐々にDX化しつつあるようです。ユーザーへの新しいアプローチや工夫がされるようになり、また商談の場でもデジタルカタログが活用されるようになっています。今後このような流れは一層加速することでしょう。

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。