顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログの制作代行会社一覧 » 研文社

研文社

研文社は、コンサルティング営業や校正、ユニバーサル・コミュニケーションなどの専門スタッフがデジタルカタログの制作をサポートしている会社です。すでにカタログを持っている場合も、 科学的根拠や経験などから分析や改善策の提案をすることが可能です。お客さんに合わせたわかりやすいデジタルカタログを制作できます。

研文社の
デジタルカタログ制作の特徴

各分野の専門スタッフが制作をサポートする
デジタルカタログ

研文社では、デジタルカタログを「お客さんの会社の製品やサービスのメリットや特徴を手に取った方へわかりやすく伝えられる大切なツール」と捉えています。そのため、デジタルカタログの制作では各分野の専門スタッフが制作をサポートしています。お客さんが抱えている課題を一緒に考えて解決策を探っていくコンサルティング営業やコピー・デザインなどのクリエイティブ系の専門スタッフ・校正や校閲などの専門スタッフなどが在籍しています。読みやすさや見やすさを高められるようにするユニバーサル・コミュニケーション専門のスタッフもいるので、より読みやすいデジタルカタログに仕上げることが可能です。

分析や改善でより対象者に刺さる
わかりやすいデジタルカタログ

研文社では、お客さんが今抱えている不満や希望を丁寧にヒアリングし、プレゼンをしたり取材をしたりしながらデジタルカタログの原稿を作成していきます。何度もお客さんと原稿や色などのすり合わせをして作って行くので、よりイメージに沿ったデジタルカタログを作ることができます。校正・承認・進行管理などは「オンライン校正」を利用すれば、オンライン上でも行うことができてより便利になっています。 また、対象者に合わせてアレンジをしながら最適な内容をデジタルカタログにすることも可能です。

現在、別のカタログを利用していて、どうするかを悩んでいる場合は研文社が提供している「カタログ診断」を試してみると、科学的根拠と研文社の経験から点検してもらうことができて改善点も見出すことができます。

現在のカタログやイメージしたカタログに合った対象者に刺さるデジタルカタログを制作することができます。

デジタルカタログ作成ツールの
機能や特徴をみる

研文社の
デジタルカタログの機能

公式HPに情報が見当たりませんでした。

研文社の
デジタルカタログ制作費用

公式HPに情報が見当たりませんでした。

カスタムコネクション
編集チームまとめ

研文社では、専門スタッフがサポートしてデジタルカタログの制作をしています。お客さんの抱える課題や希望に沿って、丁寧に制作していきます。対象者ごとにアレンジを加えて制作することも可能です。そのため、色々なお客さんを抱えている企業でも利用しやすいです。

デジタルカタログ作成ツールを利用する場合も、問い合わせスタッフに相談すれば経験からアドバイスを受けることが可能です。用途に応じてリンクを入れたり地図を受けこんだりすることが可能です。このサイトでも、おすすめのツールをご紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

研文社の
デジタルカタログ導入事例

公式HPに情報が見当たりませんでした。

研文社の基本情報

会社名 有限会社研文社
所在地 東京都新宿区改代町45
営業時間/定休日 公式HPに情報が見当たりませんでした。
電話番号 03-3269-6331(代)
公式HP URL https://www.kenbunsya.jp/service/catalog/
ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。