顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » 【業界別】デジタルカタログの事例 » 医療業界のDX事例

医療業界のDX事例

医療業界の現状とDXの傾向

医療業界もまた、徐々にではありますがDX化が進んでいます。ただ、現場に効率化・負担軽減をもたらしている一方で、欧米諸国と比較するとまだまだ遅れていると言わざるを得ません。日本は高齢化社会が顕著なので、患者に高齢者が多い診療科目も多々あります。

例えば会員登録やシステムのインストール等、患者にも多少の手間がかかるDX化は高齢者からの拒否反応が強く、なかなか思うように導入を進められない業界のジレンマもあるでしょう。一方では労働者不足も顕著なことから、DX化による省力化・効率化が急務です。

医療業界のDX施策

これまでも技術的には可能とされていましたが、法改正によってようやくオンライン診断が可能になったことで、病院まで足を運ぶことなく診療を行えるようになりました。患者にとっては病院でよくある「長時間の待機」が解消されます。

ウェアラブルデバイスと連携することでの予防医療やデジタル明細の導入による現場の業務効率化、さらには医療機関の経験・ノウハウをデータベース化したビッグデータ活用も実践可能です。横浜市では市がビッグデータを作成・公開することで、医療政策に役立てられます。他にもAIによる新薬開発やクラウドを活用した電子カルテ、予約管理システム等も見受けられます。特に電子カルテは、医療現場の負担軽減に役立つシステムです。

また、予約管理システムを使いこなすことで、これまでの医療現場で見られた「患者の長時間の待機」の軽減に役立ちます。一方で、予約管理システムを使いこなせる患者と使えない患者とで分けられてしまうことから、予約管理システムを導入しつつ、従来の方法の予約と合わせて運用している医療機関もあります。

医療業界のデジタルカタログ作成導入事例

見直す機会になった

見た目だけでなく、デジタルブックを作ることで、マニュアルやパンフを見直す良い機会となった。

今後は「見せる」だけでなく、リンクを埋め込みURLへ誘導などできることを増やしていきたい。

メールでの活用情報などがありがたい。少しずつ勉強していきたいと思う。

参考元:医療法人財団博愛会

カスタムコネクション 編集チームまとめ

医療の現場も、徐々にではありますがDX化が進んでいることが分かっていただけたのではないでしょうか。現場・患者の負担軽減のためにもDXは重要な手段となっています。当サイトでは医療現場のDXの一環となるデジタルカタログ作成ツールや制作代行会社を紹介していますので、現場にDXを導入したいと考えている方はサイト内をチェックしてください。

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。