顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » 【業界別】デジタルカタログの事例 » 不動産業界のDX事例

不動産業界のDX事例

不動産業界の現状とDXの傾向

不動産業界のDX化は、今のところあまり進んでいないと言わざるを得ない状況です。というのも、この業界は手書きの書類や対面式の対応などアナログな商習慣が根強く、足を引っ張っているのです。

しかし不動産業界は長時間労働と人材不足に悩まされ、DX化による効率化も期待されるところ。また不動産をネットで選びたいニーズが強く、顧客からのDX化の期待も集まっていると言えます。

不動産業界のDX施策

上記の課題を解決するために、DX化が徐々に進みつつあります。たとえば、アナログ作業をデジタルに置き換え、効率化することで労働環境を改善し、ヒューマンエラーを減らすことも可能です。

またオンライン内見やbotによる問い合わせの対応、ローン審査のオンライン化など、先行している企業は既にさまざまな施策を実行しています。

不動産業界では直接的な活用はあまり見られませんが、デジタルカタログも取引の中で活躍するケースが増えているのではないでしょうか。たとえば新居の契約時に購入する家具のカタログや、保険などのパンフレットなどはデジタルカタログのほうがいいケースも多々あります。

不動産業界の
デジタルカタログ作成導入事例

お客様とのやり取りが効率化できた

meclibを導入したことで、郵送の必要がなくなったり、PDFなどの資料を添付したメールが迷惑メールになることがなくなったりして、お客様とのやり取りのスピードが速くなりました。

また、物件の販売状況や現地の状況に合わせて写真などの掲載内容を簡単に編集できることで、よりお客様が物件を理解しやすくなりました。

ユーザーニーズを把握して資料の改善に繋げられる

注文住宅問合せユーザー向けのお役立ちBOOKを提供していたが、PDFでの提供だったため、PV数やクリック数が把握できずページの改善を行う場合のファクトを持てていなかった。

meclibを導入したことで、各種数値を収集、分析できるようになり、よく見られているページやズームされている箇所を把握し、改善する指標とすることができた

在庫管理の手間やコストの削減につながった

印刷配布物のコスト削減やWEBサイト利用者への利便性の提供、データ更新の周知徹底のために、デジタルカタログの導入を考えていた。meclibを導入したことで、印刷配布物の在庫管理の手間がなくなり、かつコスト削減にもつながることが良かった。

カスタムコネクション
編集チームまとめ

不動産会社で物件探しや契約をするときに、手書きでたくさんの書類を書いたり、役所まで書類を取りに行ったりして「これはITの力で効率化できないのだろうか」と誰もが考えたことがあると思います。これを毎日のように繰り返す不動産業界では、デジタル化による効率化の余地が大いにあることは言うまでもありません。

インターネットでの物件探しはもはや常識となり、AIやビッグデータをもとにした物件などのレコメンドもこれからは一般的なものとなるでしょう。

またこれまでの不動産取引のプロセスの効率化だけでなく、新たな顧客体験や収益モデルを模索する「不動産テック」という動きにも注目が集まっています。競合がまだ実現していない新たな付加価値のあるビジネスモデルをそれぞれに開発していくことが、不動産のDX化を推し進めていく力になることでしょう。

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。