顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログの制作代行会社一覧 » 鹿島メディアバインド株式会社

鹿島メディアバインド株式会社

鹿島メディアバインド株式会社は、カタログを含む電子ブック(e-book)の制作代行・スキャニングサービス・論文検索データベースなどのデジタルファイリング/システムの提供や図書館製本/修復、マイクロフィルムの作成や電子化を行っている会社です。ここでは、同社のサービスについて、主な特徴や、デジタルカタログの機能をまとめてみました。

鹿島メディアバインド株式会社の
デジタルカタログ制作の特徴

紙媒体から制作できるデジタルカタログ

鹿島メディアバインド株式会社では、PDF原稿の他、紙原稿をスキャニングして作成したPDFデータからデジタルカタログを制作できます。デジタルカタログにはショッピングカート機能の追加も可能です。

作成されたデジタルカタログは、PDFとは異なり、リアリティのあるめくり動作ができるなど、紙のカタログに近い使用感を実現。直感的な動作で快適に閲覧できます。クリックした場所がわかるアクセス解析も可能です。

納品形態はWebサイト上での公開とCD・DVDなどの電子媒体があります。Webサイト上での公開の場合は、ホスティングの相談もできます。また、作成されたデジタルカタログは全ページのダウンロードが行われないので、セキュリティ面でも安心です。

端末を選ばず閲覧できる

鹿島メディアバインド株式会社のデジタルカタログは、マルチデバイス対応で、デスクトップ・ノートPC・タブレット・スマートフォンで閲覧できます。ビューアのダウンロードなどは不要で、利用側の環境を選ばず、WindowsでもMacでも同じように見られます。iPadやiPhone向けのデジタルカタログ制作も可能です。

鹿島メディアバインド株式会社の
デジタルカタログの機能

  • 目次
  • ページ送り
  • サムネイル
  • 拡大・縮小
  • 書籍内検索
  • ショッピングカート
  • アクセス解析

鹿島メディアバインド株式会社の
デジタルカタログ制作費用

  • 350円/1P(2022年8月現在キャンペーン価格250円/1P)

(すべて税不明)

カスタムコネクション
編集チームまとめ

鹿島メディアバインド株式会社では、紙媒体からも美しいカタログ制作が可能で、出来上がったカタログは端末や環境を選ばず閲覧できるのが魅力です。書籍の電子化に豊富なノウハウをもっている会社ならではのサービスと言えるでしょう。

しかし、紙のカタログを電子化するのはデジタルカタログ作成ツールを使用すれば、自社でも対応可能です。このサイトでも、おすすめのツールをご紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

鹿島メディアバインド株式会社の
デジタルカタログ導入事例

公式HPに情報が見当たりませんでした。

鹿島メディアバインド株式会社の基本情報

会社名 鹿島メディアバインド株式会社
所在地 神奈川県横浜市港南区下永谷5-1-58
営業時間/定休日 平日9:00~17:30/土・日・祝日
電話番号 045-827-1051
公式HP URL http://www.kashima-mb.co.jp/index.html
ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。