顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログの制作代行会社一覧 » eCata(イーカタ)(ビーガル)

eCata(イーカタ)(ビーガル)

デジタルカタログの制作代行サービス「eCata(イーカタ)」を提供している株式会社ビーガル。独自のノウハウを持ち、客のニーズに合わせたプランを選択できることにその特徴があります。そんな同社のサービスについて、特徴やデジタルカタログについて解説していきます。

eCata(イーカタ)(ビーガル)の
デジタルカタログ制作の特徴

専用アプリ不要/マルチデバイスで対応

eCata(イーカタ)(ビーガル)で提供しているデジタルカタログサービスは、専用アプリが不要です。また、PCや手持ちのスマホなど機種を選ばないので、ストレスフリー。 OSに関してもWindowsやMac OS、Microsoft Surfaceなどでも問題なく閲覧することができるので、例えば、商談の際にもスムーズに顧客に見せることができます。

集客やマーケティングにも役立つ豊富なオプション機能

eCata(イーカタ)(ビーガル)で制作するデジタルカタログでは、自動調節や縮小・拡大、ページ検索、スライドショーといった、ページを閲覧するための標準的な機能はもちろんのことながら、さまざまなシーンで活用できるオプションも豊富にそろっています。(有料・無料の2パターンあり)以下のビーガル(eCata(イーカタ))の デジタルカタログの機能に記載しておりますのでご確認ください。

デジタルカタログ作成ツールの
機能や特徴をみる

eCata(イーカタ)(ビーガル)の
デジタルカタログの機能

【基本機能】

  • 自動調節
  • 拡大・縮小
  • ページ検索
  • ヘルプ
  • 全画面
  • サイドナビ
  • スライドショー
  • ヒートマップ(※配信プランのみ)

【無料オプション】

  • サムネイル
  • しおり
  • 全文検索
  • メモ
  • ペン
  • 切り抜き
  • PDF分割
  • PDFダウンロード
  • 印刷
  • ノンブル
  • コンテンツ紹介ページ

【有料オプション】

  • ロゴ
  • 目次
  • 検索語設定
  • 動画・音声埋め込み
  • 商品検索
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • ECカート連動
  • ノンブル設定
  • リンク
  • GoogleAnalytics
  • リードマーケティング
  • 多言語版スキン
  • SEO対策
  • 特急仕上げ

カスタムコネクション
編集チームまとめ

納期が最短1週間という早さが、まずは目に付くところ。特に商談前などの急ぎの際は、非常に魅力的です。また、上記にも記載しているように無料オプションの豊富さも特質すべき点。基本機能と無料オプションで十分事足りるとは思いますが、有料オプションでは、お客様情報やGoogleAnalyticsのデータを獲得できるので、自社のノウハウの蓄積ができる、提供するサービスの改善ができるという意味では、最初から有料オプションも検討したいところです。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

eCata(イーカタ)(ビーガル)の
デジタルカタログ制作費用

  • 基本料金:11,000円/冊
  • 月額配信料(配信プラン希望のお客様のみ):配信サービス費用(2GB)月額 5,500円/冊
  • ページ制作費用:1~24ページ 1,100円/ページ、25~48ページ 990円/ページ

※特急仕上げ:各制作費の10%割増

※税不明

※上記のほか、詳細はビーガル(eCata(イーカタ))HPを参照してください

eCata(イーカタ)(ビーガル)の
デジタルカタログ導入事例

ビーガル(eCata(イーカタ))の公式HPには事例が掲載されておりませんでしたが、サンプルを見ることができます。

eCata(イーカタ)(ビーガル)の基本情報

会社名 株式会社ビーガル(略称:ビーガル)
所在地 (本社)
〒261-7124 千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1
ワールドビジネスガーデン マリブウエスト24F
営業時間/定休日 公式HPに情報が見当たりませんでした。
電話番号 043-239-7450
公式HP URL https://bigal.co.jp/
ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。