顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログなんでもQ&A » デジタルカタログの豊富な機能

デジタルカタログの豊富な機能

デジタルカタログの作成ツールには、カタログを見る側・作る側、それぞれに便利な機能が搭載されています。主な機能をまとめてみましたので、ツール選びの参考にしてみてください。

デジタルカタログ閲覧側

ペン・ふせん機能

カタログのページに文字を書き込んだり、好きな位置にふせんを貼りつけられる機能。ふせんにコメントも入れられます。

めくり機能

紙のカタログのようにペラペラとめくる「リアルめくり」と、ページをスライドしながら閲覧する「スライドめくり」の2つがあります

切り抜き機能

デジタルカタログの好きな範囲を選択し、切り抜く機能。切り抜いた画像は、ダウンロードして保存可能です。

全文検索機能

全文検索機能とは、カタログ内の文書から指定したテキストを検索する機能。必要な情報を見つけやすくなります。

多言語機能

デジタルカタログの操作画面の文字を、さまざまな国の言語で表示できる機能です。ツールによって対応している言語の種類が異なります。

デジタルカタログ作成・管理側

デジタルカタログをより便利に使う機能

リンク

デジタルカタログ内の別のページや、外部のサイトへのリンクを設定できる機能です。関連する情報を幅広く提供するのに役立ちます。

動画・画像・音声・地図などの埋め込み

カタログ誌面に、YouTubeなどの動画・写真・イラスト・音声・地図といったコンテンツを配置することができます

作業を軽減する機能

自動リンク機能

リンク対象となるテキストと、リンク先のURLが記されたCSVファイルを登録することで、膨大な数のリンクでも一括で設定できます

版管理・ページ差し替え機能

公開しているデジタルカタログのURLを変更することなく、内容の編集ができる機能。公開後でも、ページの追加・差し替えがスムーズです。

ブック一括編集

作成した複数のデジタルカタログの編集を一括で行える機能。基本情報やデザインの変更、HTMLタグの埋め込みも1度ですべて行えます。

閲覧を制限する機能

ブック個別認証

公開しているデジタルカタログに対し、個別で認証パスワードを設定できます。管理側でアクセス権を制御でき、スムーズな運用につながります。

IPアドレス制限

指定したIPアドレスの範囲内のユーザーのみに、アクセスを制限することができる機能です。カタログにアクセスできるユーザーを制限したり、管理者側のシステムについても制限をかけることができるので、外部への情報漏洩などを防ぐことができます。

管理する機能

SEO対策

Googleなどの検索サイトの上位に表示されるよう、対象となるHTMLページをデジタルカタログから自動で作成します

ログ解析機能

デジタルカタログがいつ・どれくらい閲覧されているのかといった記録を残し、データや効果を解析する機能です

ライブラリ(本棚)機能

制作したデジタルカタログやブックを、本棚のように並べて公開する機能です。イメージに合わせてデザインを変えることも可能です。

カスタムコネクション
編集チームまとめ

デジタルカタログ作成ツールの機能は、製品によって異なります。ツールを選ぶ際には、自分が使いたい機能が搭載されているかをしっかりチェックするようにしましょう。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。