顧客へのリーチを増やす!デジタルカタログ作成ツールガイド » デジタルカタログなんでもQ&A » デジタルカタログの作り方

デジタルカタログの作り方

幅広い業界で導入され始めているデジタルカタログですが、これを作るにはどのような方法があるのでしょうか?ここではデジタルカタログの作り方について、詳しく解説していきます。

デジタルカタログ作成
ツールと
作成代行サービスがある

デジタルカタログの作り方には、「専用のツールを使う方法」と「作成代行サービスを使う方法」の2通りがあります。自身で手軽に作成したいという場合は専用のツール、費用がかかっても手間なく作成したいという場合は代行サービスがおすすめです。

デジタルカタログ作成
ツールでの作り方

原本データを用意・PDF化する

まずカタログの原本となるデータを用意。もし形式がPDFでない場合は、すべてPDF形式のデータに変換します。紙カタログの作成データがある場合は、それを利用することができます。

PDFをデジタルカタログ化する

変換済みのPDFデータを、ツールにアップロードします。基本的に、これだけでカタログのデジタル化は完了します。

編集・デザイン

PDFデータをアップロードしてだいたいの形ができあがったら、編集・デザインを行います。たとえば動画や画像を埋め込んだり、背景色をイメージにあったものに変えたり、リンクを設定するといった作業です。編集機能はツールによって異なるため、ニーズに合っていて使いやすいものを選びましょう

デジタルカタログ作成
ツールで作るときのポイント

紙の印刷用データのままだと、レイアウトがデジタル向きではない可能性があります。ユーザーが見やすいよう、文字の大きさ・デザイン・余白などに配慮しましょう。また、スマホやタブレットなど、利用環境に合わせて見やすさを調整することも重要です。

デジタルカタログ作成代行サービスでの作り方

見積もり依頼・サンプル作成

まず気になる代行サービス会社に連絡し、導入にいくらかかるか見積もりを出してもらいます。その際に、完成形を確認できるサンプルを作成してもらうとよいでしょう

PDFデータを用意する

代行サービス会社に渡すPDF形式のデータを用意します。会社によっては、PDF化から請け負ってくれるところもあるようです

データの納品

代行サービス会社から完成データが納品されます。そのデータをWEBにアップロードし、ホームページにリンクさせれば完了です

カスタムコネクション
編集チームまとめ

手間がかかると思われがちなデジタルカタログ作成ですが、「PDFデータを用意」して「アップロードする」だけと非常に手軽です。当サイトでは簡単にデジタルカタログを作成できるツールをご紹介していますので、情報をチェックしてみてください。

自社に合うツールがすぐわかる
容量別!デジタルカタログ
作成ツール3選

ストレージ容量から
マッチするニーズを紐解く!
デジタルカタログツール3選

初期費用を抑えられるクラウド型で、無料トライアルで使用感を確かめられるツールから、ストレージ容量に応じておすすめのツールを紹介します。

約6万ページ(300GB※1)を
保存できる「大容量」
meclib

meclibに
ぴったり合うニーズ

  • 一般的な製品カタログや広報誌
    手間を抑えて電子化したい
  • 誰でも簡単に作成、
    公開、管理
    でき、
    複数人で利用したい
約1万ページ(50GB)を
保存できる「中容量」
FLIPPER U2

FLIPPER U2に
ぴったり合うニーズ

  • 教育関係に利用したい
  • 使用できる機能とデザインを選びたい
約50p×数冊程度(250MB)を
保存できる「小容量」
ebook5

ebook5に
ぴったり合うニーズ

  • 数冊程度の薄いカタログやパンフレットの電子化がしたい
  • 機能は最小限で、できるだけ価格を抑えて導入したい

※1:費用追加により最大1.5TBまで拡張可能
※容量当たりのページ数は、1GB当たり200Pという計算で算出しています。
※選定基準:Google検索にて「デジタルカタログ 作成」と検索をして上位表示されるクラウド型のデジタルカタログ作成ツール、10ツールのうち、無料トライアルを行っている中から下記の基準で選定(2022年3月調査時点)
「大容量」…最も大きな容量でのプランがあるツール
「中容量」…「大容量」「小容量」以外のツールのうち最も安い
「小容量」…最も小さな容量でのプランがあるツール

顧客へのリーチを増やす!
デジタルカタログ
作成ツール3選

あなたの会社に合う、デジタルカタログ作成ツールを分かりやすくご紹介。ツールの選び方も解説しています。